Home > 2010年06月21日

2010年06月21日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Comments (Close): -
  • TrackBack (Close): -

LC-Aでハイキー写真

*

そういえば先日、ロモグラフィックデカスロン第五回に入賞しました♪
テーマは"HipShot"ノーファインダーで撮った写真。
一緒に撮ったことある方はおわかりかもしれませんが
トイカメラで撮る時、ノーファインダーで撮っていることが多いです。
勿論、ちゃんとファインダー覗いていることもありますよ。

それはさておき…
たまたま入賞した写真がすごいハイキー(オーバー)写真だったので
LC-Aでハイキー写真を撮る方法を。非常に簡単です。

ISO感度をずらすだけでハイキー(オーバー)写真になります。
例えばISO100のフィルムを入れていたら、LC-AのISO感度設定を50にするだけ。
これで1段階オーバーになります。
ISO感度設定を、入っているフィルムの感度より小さい数字にするとオーバーになるということです。
勿論LC-A+でも同じです。

多重露光やクロスプロセス現像の際はオーバー気味よりアンダー気味の方が
成功することが多いので気をつけた方がいいかもしれません。

また、オーバー気味にするとLC-Aの特徴である周辺減光は出にくくなります。
どうしても周辺減光も欲しい!という方は
フィルターなどを作れば擬似的な周辺減光も出せると思いますよ。

ちなみにこの写真はわざとハイキーにした訳ではなく
ただの電池切れです。意図せずこういう写真になってしまう方は電池を交換しましょう。

*
Lomography Film100/LOMO LC-A

にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Home > 2010年06月21日

TagCloud
Search
Meta
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Links
     
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。