Home > スポンサー広告 > Lomography Belair X 6-12を使ってみた♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

Comment Form

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://laughtall.blog62.fc2.com/tb.php/1215-a075d392
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from Laugh+all

Home > スポンサー広告 > Lomography Belair X 6-12を使ってみた♪

Home > etc etc... > Lomography Belair X 6-12を使ってみた♪

Lomography Belair X 6-12を使ってみた♪

新しく発売になったLomography Belair X 6-12が届いたので
早速使ってみました♪

このカメラはブローニーフィルムを使い
6×6(ましかく)、6×9、6×12のフォーマットで撮影できます。
露出がオートなので簡単に撮影できること、レンズ交換可能、ピントは目測です。


多重露光は特にスイッチがあるのではなくDiana+のように何回もシャッターを押すだけです。
ISO感度設定のところにバルブ(B)モードがついているのでLC-A+やLC-Wideのように
露出を計っている部分を押さえなくてもバルブが簡単にできます。
電池はボディ部分ではなくレンズ部分の方に入れます。
蛇腹のレンズ部分の裏にISO感度設定ダイヤルがあります。ISO50から1600まで設定可能です。


フィルムは手巻きで後ろに数字が見える穴が開いています。
自動では止まらないです。
6×6と6×12が同じ穴になっており
6×12で撮る場合は偶数番号でフィルムを止めて撮影するようです。

自分が使っていて気になったのはビューファインダー
途中まで気が付かなかったのですが、一応6×6、6×9用の目安の目印がついています。
三角の山みたいなやつです。
最初にレンズが2本ついていますが、それぞれのビューファインダーがついていました。


あと友人との間で気になっていたのはシャッターの位置。
蛇腹を閉じている状態でシャッターを切るとなんとも思わなかったのですが
実際撮影してみると…と、遠い…
人差し指がつりそうになりました。

ちょっと暗い場所だと手ブレが心配だったので
今日の結論は「中指でシャッターを切る」ということになりました。
レリーズがつけられないのが痛いですね…

大きさ、軽さは小柄な私でも気軽に持てるくらいなので
中判で露出オートの中では気軽に持ち運びができるカメラだと思います。
撮影した写真もアップしていきますね♪

にほんブログ村 写真ブログ トイカメラへ
にほんブログ村

Comments:0

Comment Form

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://laughtall.blog62.fc2.com/tb.php/1215-a075d392
Listed below are links to weblogs that reference
Lomography Belair X 6-12を使ってみた♪ from Laugh+all

Home > etc etc... > Lomography Belair X 6-12を使ってみた♪

TagCloud
Search
Meta
Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

Links
     
Feeds

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。